あわあわしゃんぷー

シャンプーに関する情報が満載!

シャンプーの歴史とは

現代では当たり前の習慣であるシャンプーで髪を洗うという行為ですが、古代の日本では髪の毛に稲や麦の茎を粉末状にしたものなどをまぶして櫛で梳かして垢をとり、油を塗ってツヤを出していました。
平安時代になると、約1年に1回米のとぎ汁やお湯に浸した植物の皮で作った液体で髪を洗い、お香を付けて臭いを抑えるという方法ができました。
その後江戸時代に入ると、1ヶ月に1回のペースで水を使って髪の毛を洗う習慣が一般的になり始め、この時シャンプーとして使っていたものうどん粉やふのり、卵の白身、灰汁、お茶などです。
明治時代には火山灰や粘土などを混ぜた粉石鹸を使うようになり、体と一緒に髪の毛を洗っていたようです。
「シャンプー」という言葉が誕生したのは昭和6年で、原料が石鹸でないものが出てくるのは1950年頃となっています。
この頃になるとシャンプーで髪を洗うという習慣が定着してきました。
粉末だと使いにくいということから、1955年頃から現在の主流である液体シャンプーが普及し始め、また男性用のものが登場するなど家族で使い分けするようになっています。
朝シャンが流行し髪の毛を洗う女性が急増した昭和60年頃には、香りを重視した商品が販売されるようになりました。

アミノ酸系シャンプー

一般的に販売されているシャンプーは、石油由来の成分を配合した高級アルコール系です。
洗浄力が強いですが、余計に皮脂を洗い流している可能性があり、頭皮トラブルの原因でもあります。
一方、アミノ酸シャンプーの洗浄成分はアミノ酸系の界面活性剤です。
優しい洗い心地で、髪の毛や頭皮へのダメージが小さいのが特徴です。
昔から使われている石鹸も頭皮トラブルを防ぎますが、アミノ酸系の界面活性剤の方が刺激が少ないので、敏感肌やアトピーを持つ人におすすめです。
髪の毛や頭皮はタンパク質から構成され、そのタンパク質の原料はアミノ酸です。
よってシャンプーを通して必要な栄養も補給できます。
アミノ酸配合シャンプーは、アミノ酸系ではありません。
これらには高級アルコール系の界面活性剤に、アミノ酸の洗浄剤を加えたものなので、刺激が強いです。
成分表示でラウリル硫酸やスルホン酸、ラウレス硫酸など書かれているものは、アミノ酸を強調しても高級アルコール系だと分かります。
アミノ酸系には、ココイルグルタミン酸やココイルアラニンなどと記載されています。
価格は高級アルコール系と比べると高いですが、最近は育毛シャンプーに多く見られるので気軽に試せるようになっています。

recommend

どんな職場なのか不安なら、口コミを是非参考にしてください。

マイナビ看護師 口コミ

新宿のヘアメイク・エステなど「キレイ」を目指すトータルサロンです

新宿 エステ

風呂のリフォーム・リノベーションはお任せください

風呂 リフォーム

男性専門の脱毛サロン専門ポータルサイト

メンズ脱毛

千葉県にて、離婚したい方のサポートを行っております。

離婚したい

美味しくて安全な「食」をお届けします。

エキストラバージンオリーブオイル

ネットワークエンジニア採用案内、 CCNA保有者歓迎

ccna

横浜の不用品回収・遺品整理・ゴミ屋敷片づけ

横浜 不用品回収

2016/10/18 更新

 

 

MENU


シャンプーの歴史とは

シャンプーで保湿を

フケは防げる

かゆみを抑えるシャンプー

ノンシリコンシャンプー

お問合せ

 




 
 Copyright (C) 2015 あわあわしゃんぷー. All Rights Reserved.